日焼け止めによって得られるメリットについて
正しい使用法

使用することで、肌を守ることにも繋がる日焼け止めですが使用方法を守らなければ効果を十分に発揮することはできません。特に刺激に弱い敏感肌の人の場合は、日焼け止めを塗ることによって肌に刺激を与えてしまうこともあるので、極力肌に刺激を与えないように塗り方にも気を配りましょう。

まず、日焼け止めを塗る際には肌の汚れや汗などはしっかりと拭きとって清潔な状態にしておきましょう。そして、適量をムラなく塗ることがポイントになります。塗り忘れなどがあると、そこの部分が紫外線にさらされてしまうので気を付けたいものです。肩や首、顔の鼻や頬の部分というのは日焼けしやすい箇所になります。そういった日焼けしやすい場所というのは、重ねてしっかり塗っておきましょう。

日焼け止めというのは、塗ってからしばらく経つと効力が弱まったり汗などで落ちてしまったりすることがあります。長時間肌を日焼けから防ぎたいときには、塗りなおす時間などもしっかり確保して紫外線から肌を守りましょう。また、日焼け止めを塗った日は丁寧に優しくしっかりと日焼け止めを落とすように意識することも大切です。きちんと塗る・きちんと落とすをしっかりと気を付けて肌を守りましょう。